Skip to content Skip to main navigation Skip to footer

Teams、Slack、Chatworkと連携したい。

EnkinGTでは出退勤ステータスやユーザステータスを、Microsoft Teams、Slack、Chatworkに共有することが可能です。
当ページでは設定方法についてご説明します。

Teamsに共有されたユーザの出勤ステータス

Step1

管理者権限を持つユーザでログインし、画面左下の設定アイコンをクリックします。
設定画面に移動します。

Step2

「外部連携」→「ビジネスチャット連携」をクリックします。

Step3

ビジネスチャット連携画面上で、「新規」ボタンを押し、必要情報を入力します。

項目概要
ビジネスチャット名作成する設定の名称を入力してください。
ステータス連携を有効・無効に設定することが可能です。
動作確認等で一時的に設定を無効にしたい場合等、ご利用ください。
連携ツール以下の3つのツールから連携するビジネスチャットを
選択することが可能です。
・Microsoft Teams
・Slack
・Chatwork
Webhook URLMicrosoft Teams、Slackをご利用の場合、入力項目が表示されます。
各チャットツールで提供される、Webhook用のURLを指定ください。

以下のアプリケーション(Incoming Webhook)をメッセージを共有したいチャネルに
追加し、Webhook用のURLを取得してください。

[Microsoft Teams]

[Slack]
APIトークンChatworkをご利用の際に利用します。
通知を行うユーザでログインし、ヘッダー上の「ユーザメニュー」→
「サービス連携」→「APIトークン」より、APIトークンを取得し、
入力してください。

※備考
APIトークンのユーザ名で通知されますので、通知専用のEnkinGTユーザを
作成するのをお勧めします。
ルームIDChatworkをご利用の際に利用します。

[ルームIDの取得手順]
1. Chatworkにログインし、通知を共有するルームをクリックしてください。
2. ブラウザのURL欄の値を確認します。RID以降の数字がルームIDになりますので、
 コピーして入力欄にペーストしてください。
 
プロジェクトイベントが発生した際、メッセージを送信するプロジェクトを選択してください。

以下の2種類の選択肢があります。
・システム共通
 チームステータス等、システム全体のイベントを
 ビジネスチャットに通知します。
・各プロジェクト
 それぞれのプロジェクトで発生したイベントを、指定した条件で
 ビジネスチャットに通知します。
言語設定通知する言語を選択することが可能です。
説明作成する連携の説明を入力してください。
通知設定通知する各種条件を入力してください。
複数の通知設定を組み合わせることで、より柔軟な通知を行うことが可能です。

Step4

以上で設定は完了です。

「保存」ボタンを押し、通知が正しく行われるか確認してください。