Skip to content Skip to main navigation Skip to footer

タイムシートで働いた内容を確認・修正したい

トラッキングしたデータをタイムシートの形式で表示することで、ご自身や他のメンバーが働いた内容を確認することが可能です。

[タイムシートの確認方法]

タイムシートの確認方法をご説明します。

Step1

EnkinGTにログインし、「タイム」メニューをクリックしてください。

Step2

タイムシート画面が表示されます。トラッキングされているワークログを日付毎に表示しています。

[タイムシートの修正方法]

タイムシートでは以下の操作をサポートしています。

 (1)タスクを一覧に追加
 (2)ワークログにタスクを設定
 (3)新しいワークログの登録
 (4)ワークログの削除

当ページでは順番に設定方法をご説明します。

(1)タスクを一覧に追加

タイムシート画面の左下にある「プラス」アイコンをクリックします。

タスクを追加するダイアログが表示されます。
プロジェクト、マイルストーンを選択し、登録するタスクを選択してください。

以上でタスクの追加は終了です。タスクにワークログを追加してください。
※追加したタスクはEnkinGTクライアントに表示されます。

(2)ワークログにタスクを設定する

タスクを選択せずに、タイムトラッキングした場合、「タスクのないワークログ」としてタイムシートに表示されます。当ページでは取得したワークログにタスクを設定する方法についてご説明いたします。

表示されている時間を左クリックすると、トラッキングされたワークログ一覧が表示されます。
次に、タスクを登録するワークログを左クリックしてください。

「ワークログの編集」画面が表示されます。働いた時間を確認し、「タスク」を選択し、「更新」ボタンを押してください。

以上でワークログにタスクを設定することが可能です。
※同様にワークログに設定されているタスクを変更することも可能です。

(3)新しいワークログの登録

タイムシート画面上で新しいワークログを登録することが可能です。
タイムシート上の登録したいタスク及び日を確認し、”-”もしくは時間が表示されている箇所を左クリックしてください。

ワークログの追加画面が表示されます。作業時間を入力し、「更新」ボタンを押してください。

以上でワークログの追加は完了です。自動トラッキングできなかった箇所等、手動で登録してください。

(4)ワークログの削除

タイムシート上で登録しているワークログを削除することが可能です。
削除したいワークログを左クリックしてください。

ワークログ一覧が表示されるので、削除するワークログを左クリックしてください。

ワークログの編集画面が表示されます。画面の左下にある「削除」ボタンを押してください。
確認画面が表示されます。削除したワークログは取り戻すことはできません。問題がなければ”はい”ボタンを押してください。

以上で削除は終了です。