Skip to content Skip to main navigation Skip to footer

タイムシートで働いた内容を確認・修正したい

トラッキングしたデータをタイムシートの形式で表示することで、ご自身や他のメンバーが働いた内容を確認することが可能です。

[タイムシートの確認方法]

タイムシートの確認方法をご説明します。

Step1

EnkinGTにログインし、「タイム」メニューをクリックしてください。

Step2

タイムシート画面が表示され、働いた記録が表示されます。

タイムシートには以下の2つの表示方法があります。

・カレンダー
 記録したワークログをカレンダー形式で表示し、追加、変更、削除等の操作を行うことが可能です。
 どのように勤務したか、タスクと時間をカレンダーで表示し、簡単に振り返ることが可能です。

・チャート
記録したワークログを表形式で表示し、追加、変更、削除等の操作を行えます。
 各日のワークログ(工数)を便利に管理することが可能です。

[カレンダー表示]

[チャート表示]

[タイムシートの管理方法]

タイムシートでは以下の操作をサポートしています。

 (1)新しいワークログの登録
 (2)ワークログの編集
 (3)ワークログの削除

当ページでは順番に設定方法をご説明します。

(1)新しいワークログの登録

タイムシート画面上に、新しいワークログを登録する方法をご説明します。

[カレンダー表示]

画面左下にある「本日のタスク一覧」からタスクを選択し、登録したい曜日にドラッグ&ドロップします。

ワークログを登録するダイアログが表示されます。時間を設定し「更新」ボタンを押してください。

以上でワークログの登録は終了です。

[チャート表示]

タイムシート上の登録したいタスク及び日を確認し、”-”もしくは時間が表示されている箇所を左クリックしてください。

ワークログの追加画面が表示されます。作業時間を入力し、「更新」ボタンを押してください。

以上でワークログの追加は完了です。自動トラッキングできなかった箇所等、手動で登録してください。

(2)ワークログの編集

[カレンダー表示]

編集するタスクを左クリックし、ワークログの左側に表示されるアイコンをクリックしてください。
編集ダイアログが表示されます。

ワークログを編集し、「更新」ボタンを押してください。
以上で編集は終了です。

[チャート表示]

タイムシートに表示されている時間を左クリックすると、トラッキングされたワークログが表示されます。
※複数のワークログが表示されることがあります。

編集するワークログを選択してください。

「ワークログの編集」画面が表示されます。働いた時間やタスクを設定し、「更新」ボタンを押してください。

以上でワークログの編集が完了です。¥

(3)ワークログの削除

[カレンダー/チャート共通]

最初に、削除したいタスクの編集画面を表示します。

次に、画面の左下にある「削除」ボタンを押してください。

確認画面が表示されます。問題がなければ”はい”ボタンを押してください。
※削除したワークログは取り戻すことはできません。

以上で削除は終了です。