Skip to content Skip to main navigation Skip to footer

Outlook、Googleカレンダーと連携したい

EnkinGTではOutlook予定表とGoogleカレンダーと連携することが可能です。
この機能は全てのタイプの製品でご利用頂けます。

[主な利用方法]
 1.カレンダーの予定をEnkinGT上に取り込み、タイム機能上で共有できます。
  2.EnkinGT上のワークログをカレンダー上に表示し、予定と実績を比較することができます。

ご利用頂くには、Outlook予定表、もしくはGoogleカレンダーが利用できるアカウントを、別途、ご準備頂く必要があります。

当ページではカレンダー連携の設定方法についてご説明致します。

Step1

カレンダー連携を行うユーザでログインし、左サイドバー下部のユーザアイコンをクリックし、「アカウント設定」をクリックしてください。

Step2

次に、左メニューの中から「カレンダー連携」をクリックしてください。
カレンダー連携画面が表示されます。

Step3

カレンダー連携の設定を開始します。画面右上の「編集」ボタンを押してください。

Step4

まず最初に連携するカレンダーサービスを選択し、認証を行います。

以下の中からサービスを選択し、サインインボタンをクリックしてください。
 ・Outlook予定表
 ・Googleカレンダー

サインインボタンを押すと、各サービスの認証画面に遷移されます。

Step5

認証に成功すると、Wizardの「次へ」ボタンが有効になります。クリックし次の設定画面に遷移してください。

Step6

このページではカレンダーの予定の取り込み設定と、ワークログのカレンダー登録設定を行います。
以下の設定を行い、「次へ」ボタンを押してください。

[カレンダーの取り込み設定]

 ・予定を取りこむカレンダー
  ご利用中のカレンダー一覧の中から、EnkinGT上に取りこむカレンダーを1つ選択します。
  取り込んだカレンダーの予定は、チームステータスやタイムシート機能上で、他のユーザと共有されます。
  ※非表示に設定している予定は、他のユーザ上には「予定あり」と表示されます。

 ・他のユーザに公開しない
  設定を有効にすると、他のユーザに対して全てのカレンダー情報を公開しません。

[ワークログの登録設定]
  ログインユーザが登録するワークログを、自動的に指定したカレンダーに登録することが可能です。
  利用する、しないを任意に選択できます。ご利用になる場合、「ワークログを予定に登録する」をオンにしてください。

 ・利用するカレンダー
  ワークログを登録するカレンダーを1つ選択します。ワークログは自動的にカレンダーに登録されます。
  ※1時間に1回の間隔で登録されます。

 ・除外するプロジェクト
  ワークログを登録しないプロジェクトを選択することが可能です。
  特定のプロジェクト配下のワークログのみ登録する場合、ご利用ください。

Step7

確認画面が表示されます。設定された内容を確認し、問題がなければ「保存」ボタンを押してください。

Step8

  以上でカレンダー連携の設定は終了です。
  実際に連携機能が動作しているかどうか確認してください。