Skip to content Skip to main navigation Skip to footer

労務管理ツール用に勤怠をエクスポートしたい

EnkinGTでは記録した出退勤データを、労務管理ツール向けにエクスポートすることが可能です。

[サポートされている製品]
当機能は以下の製品でご利用いただけます。
 スタンダード
    :ノーマル
    :グローバル
 プロフェッショナル
    :エンタープライズ

[サポートフォーマット]
・人事労務freee
・EnkinGTフォーマット

このページではEnkinGTに記録した勤怠データを、CSV形式でエクスポートする方法についてご説明します。

Step1

管理者権限でログインし、画面左下のシステム設定アイコン(歯車)をクリックしてください。

Step2

「HR」→「エクスポート」を選択してください。エクスポート画面が表示されます。

Step3

以下の必要項目を入力し、画面下部の「エクスポート」ボタンを押してください。

[ご注意]
タイムカードにエラーが含まれるユーザの勤怠情報はエクスポートできません。
  必ずタイムカード上のエラーを解除してから、エクスポートボタンを押してください。

 (エラーの種類)
  ・打刻エラー
   出勤、退勤の打刻が存在しないときに表示されるエラーです。
   ※勤務タイプが「ワークタイプ」を選択しているときのみ、エクスポートできません。
    フレックス、スーパーフレックスを選択している場合は、打刻がない場合でもエクスポート可能です。
  ・ワークログの時間の重複
   ワークログの時間が重複しているときに表示されるエラーです。

[必要項目]

・フォーマット
 以下の中からフォーマットを選択してください。
 -人事労務freee
 -EnkinGT

・人事労務freee設定

(1)「freee認証」ボタンをクリックし、以下の権限を持つアカウントで認証してください。
  -管理者
  -事務担当者権限

(2)認証したユーザが保有する「事業所」一覧が表示されます。
  ご利用中の事業所を選択してください。

[ご注意]
認証に利用したユーザに紐づく全ての事業所が表示されます。
  複数の事業所を管理している場合、関連する事業所情報が共有されるためご注意ください。

・期間

 勤怠を出力する期間を選択してください。
 ※本日以降の日付を選択することはできません。

・取得する組織

 勤怠を取得するユーザを選択します。「組織」もしくは「ユーザ」のチェックボックスをクリックしてください。
 

Step4

選択したユーザのタイムカードにエラー等がない場合、以下のメッセージが表示されてCSVがダウンロードされます。

以上で勤怠データのエクスポートは終了です。