Skip to content Skip to main navigation Skip to footer

メンバー毎に勤務タイプを変えたい

EnkinGTはフレックス、スーパーフレックス等の各勤務タイプをサポートしています。
このページでは設定方法についてご説明します。

[サポートする勤務タイプ]
以下の勤務タイプをサポートしています。

勤務タイプ説明
ワークタイム開始時刻、終了時刻、休憩時間をもとに、1日の勤務時間を決定する
勤務タイプです。毎日の打刻状況に応じて、遅刻や残業時間が表示されます。
フレックスコアタイムを有するフレックスの勤務タイプです。コアタイムに
勤務実績がないと、エラーとして処理が行われます。月単位で残業時間が
計算されます。
スーパーフレックスコアタイムがないフレックスの勤務タイプです。1日の標準勤務時間と
所定労働日数を掛け合わせることで、毎月の所定労働時間が決まります。
月単位で残業時間が計算されます。
[勤務タイプの設定方法]
以下の2つの方法で勤務タイプの設定が可能です。
1)共通勤務タイプ
 すべてのユーザーに適用される勤務タイプです。こちらの設定を変更すると、全てのユーザーの設定が変更されます。

2)個別勤務タイプ
 個別の働き方を行っているユーザー毎に、勤務タイプを設定できます。

以下、それぞれ設定方法をご説明します。

[共通勤務タイプ]

Step1

ログインし「システム設定」アイコンをクリックしてください。

Step2

設定メニューが表示されます。「HR」>「基本設定」をクリックしてください。

Step3

基本設定画面が表示されます。
右上の「編集」ボタンをクリックし、勤務設定を更新して「保存」ボタンをクリックしていください。

・個別設定を行わないメンバーは、ここで設定した内容で設定されます。
・勤務タイプごとに設定項目が異なります。

[個別設定]

基本設定とは別に、ユーザ毎に勤務設定を行う方法です。

Step1

ログインし、「設定」>「HR」>「HRユーザ管理」をクリックしてください。

Step2

選択中の組織ユーザ一覧が表示されます。
個別設定を設定するユーザの「操作」アイコン>「勤務タイプ設定」をクリックします。

Step3

勤務タイプ設定画面が表示されます。
「個別の勤務タイプを利用する」を有効にし、勤務タイプを選択後、各項目設定し「登録」ボタンを押してください。

Step4

一覧の「勤務タイプ」が選んだユーザのみ更新されています。
タイムカード等にも反映されております。

以上で設定は終了です。