Skip to content Skip to main navigation Skip to footer

カスタムフィールドを作成したい

当ページではカスタムフィールドの作成方法についてご説明します。

カスタムフィールドとは?

カスタムフィールドを活用し、 お客様固有のフィールドを作成することが可能です。業務毎にカスタムフィールドを定義した課題タイプを作成することで、運用に沿ったチケットを管理することが可能です。

利用できるカスタムフィールドのタイプは?

EnkinGTでは以下のカスタムフィールドを利用することが可能です。

フィールドタイプ概要
単体選択リスト選択肢を複数用意し、その中から1つの値を選択することが
できるフィールドです。
複数選択リスト 選択肢を複数用意し、その中から1つ以上の値を選択することが
できるフィールドです。
テキストボックス(1行) 自由にテキストを入力できるフィールドです。
改行を入力することはできません。
(最大文字数:300文字)
テキストボックス(複数行) 自由にテキストを入力できるフィールドです。
改行を入力することができ、長文を入力することが可能です。
(最大文字数:3000文字)
チェックボックスチェックボックスを利用したフィールドを利用することが可能です。
ラジオボックスラジオボックスを利用したフィールドを利用することが可能です。
セレクトボックス自由入力形式の複数選択リストです。フィールド上で自由に
値を入力することができ、入力された値はプロジェクト内で共有されます。
URLURLを入力することが可能です。入力された値は
ハイパーリンクで表示されます。他のWebサイトと連携する際に
ご利用いただくことが可能です。
メンバー登録されているメンバーを、一覧の中から一人選択することが可能です。
日付日付を入力するのに最適なフィールドです。
数値数値を入力するのに専用のフィールドです。このフィールドの中の
数値は、グルーピングを行った際に自動的に集計されます。

作成手順

Step1

管理者権限でログインし、サイドバーよりシステム設定をクリックします。

Step2

課題管理メニューより、「カスタムフィールド」を選択してください。
カスタムフィールドの設定画面が表示されます。

Step3

新しいカスタムフィールドを登録します。画面左上の「フィールド作成」ボタンを押してください。

Step4

最初に、フィールドタイプを選択します。前節の一覧を参考にフィールドタイプを選択してください。

Step5

フィールド登録画面が表示されます。必要な項目を入力し、「登録」ボタンを押してください。

Step6

以上で新しいカスタムフィールドの登録は完了です。

以下の手順で作成したカスタムフィールドの利用を開始してください。
(1)「システム設定」→「課題タイプ」より、新しく登録したカスタムフィールドを課題タイプに適用する。
(2)「プロジェクト設定」→「課題タイプと表示」より(1)の課題タイプを選択し、新しく登録した
  カスタムフィールドの表示場所を決定する。